読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士のデンタルルーム Dental Hygiene

都内大学院に在学中の歯科衛生士が自分の職とオーラルケアの大切さを語るブログです。

歯科衛生士のなりかた

f:id:lotus0marais:20170208151108p:plain

  2月に入り、まだまだ寒い日が続きますね。

 さて、歯科衛生士を目指す学生さんは

 1か月後に大切な試験が控えています。

 

 大切な試験!

 それは第26回 歯科衛生士国家試験です。

 今年は3月9日(日)に実施されます。

 受験生の方は頑張ってください!

 

 1.歯科衛生士の国家試験って難しい? 

 歯科衛生士に興味のある方は気になるところですよね。

 例年の受験者数と合格率を見ていきましょう。

 
  第25回(平成27年度)
  受験者数 7,233名 

  合格者数 6,944名 

  合格率 96.0%
  

  第24回(平成26年度)
  受験者数 6,753名 

  合格者数 6,475名 

  合格率 95.9%
  

  第23回(平成25年度)
  受験者数 6,685名 

  合格者数 6,492名 

  合格率 97.1%

  ( 一般財団法人 歯科医療振興財団 )

 

 合格率高いですよね!

 2016年の歯科医師国家試験の

 合格率(全体)が63.6%、

 看護師国家試験の合格率が

 89.4%であることを考えると

 合格率の高さが伝わると思います。

 

 2. 試験の内容は?

 試験科目は

 人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能

 歯・口腔の構造と機能

 疾病の成り立ち及び回復過程の促進

 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み

 歯科衛生士概論

 臨床歯科医学

 歯科予防処置論

 歯科保健指導論及び歯科診療補助論

 の8科目になります。 

 ( 歯科衛生士国家試験の施行|厚生労働省 )

 

 そんなにたくさん…

 と思うかもしれませんが、

 専門の学校に入れば

 イヤでも教わります(笑)

 ほとんどの学校が国家試験の対策を

 してくれるので

 余程のことがない限り合格できると

 思ってください。

 

 この国家試験に合格すると…

 晴れて!歯科衛生士と名乗れるようになり、

 プロフェッショナルの

  仲間入りです。

 

 そうです、

 歯科衛生士はプロ(専門職)なのです。

 なんだか響きがかっこよくありませんか?

 

 今後も歯科衛生士の魅力を語るべく

 記事を書いていこうと思います。

 

 こちらのページが気に入ったら

 ぜひスター☆彡のポチリをお願いします♪

 コメントや質問もお受けしております(*‘∀‘)